始めに

使用済み切手、未使用切手でボランティアが出来ます。 募集している団体へ送ると、換金され、その団体の目的や活動(資料の送料等)に役立たれます。

基本

・台紙(封筒の紙)から剥がさず切る。
・5mm〜1cm余裕持って切る。
 (それより狭くて大丈夫ですが、切手を傷付けない為にこれくらいが妥当)
・周りのギザギザを一つも欠けさせてはいけない。
 (1つでも無いと価値が無くなります)
・1通に複数貼ってある場合は、まとめて切る。
・複数貼られ、複雑な貼り方は簡単に四角形に切る。

消印について

消印は、団体によって切って良いトコロといけないトコロがあります。
送る団体を明確に決めて収集してください。

送れない切手

・汚れているものや、シールやのり等付着物があるもの。
破けている、折れている、ギザギザが1つでも欠けているなど。

注意

送る際に切手を損傷させない為に、何かで留めたりはしてはいけません。
日本切手と外国切手は一緒にせず、それぞれ袋に別にしたりして、分けて送りましょう。
送る時送料がかかる場合があります。ご自身負担ですのでご注意を。
inserted by FC2 system