※現在製作中。補足や修正部分探し中。

現在

推定7000万個もの地雷が埋まっていると言われています。しかし、国連は1億以上と宣言。
現在は数や位置の把握が義務付けられているが、以前まではそれが無く、数も位置も一切記録には残っていないので、あくまでも未知数です。
30分に1人、年間約2万人を超える被害。
子供の85%は、病院に運ばれる前に死亡する。
政府の発表は主に病院へ運ばれた人の統計であり、つまり実際は発表よりももっと多くの人が被害に遭っている。
年間約10万個が除去されていますが、5000個の除去につき1人の死者と2人の負傷者が出ている。つまり、年間約60名が撤去作業中に犠牲になっている。

製作・除去

1個3ドル(400円くらい)で生産され、ハイテク技術によって1秒に1000個の散布が可能で、金属探知機に反応しないプラスチック製など様々な種類の地雷が多く生産されている。
地雷探知機に反応して爆発する物まである。
それとは対照的に、除去は一つ一つ手作業で行われ、そのやり方は随分昔から発展せず今も尚行われている。除去による費用は1個当たり100ドル〜1000ドル。
現在作られている地雷の多くは、遠隔操作の物や一定時間が経って後には自動的に完全無効化される物や、いつでも埋設場所が分かるよう、発信機が付けられた物が多い。
危険なのは、そう言う機能が一切無く、場所も数も把握されていない旧式である。
2007年5月、火薬に含まれる化学物質に反応し、緑色に光る酵母ができた。酵母を散布するだけで地雷発見につながれば、安全になりコストも下がると期待されるが、まだ期待の段階。

対戦車地雷

対戦車地雷と言う物は、主に戦車にダメージを与える為の地雷であり、70kgから130kd以上の加重で爆破するように出来ている。
しかし、撤去を阻む為、対戦車地雷の周囲に対人地雷が設置される事が多い。
また、テコの要領により、人間が対戦車地雷に乗ってしまった際、必ずしも起爆しないと言う保障は無い。

目的

地雷とは、殺す為の兵器では無いです。相手を殺さない為に、多くは威力を抑えています。
目的は、被害に遭った仲間を見て、敵が退くよう、精神的ダメージを与えて領域に進入させない為。
そして、被害者は一生治療とリハビリを必要とし、被害者が多ければ多い程、経済的なダメージが大きいからです。
地雷は、軍隊には利益を有する事実はあります。
しかし、地雷によって紛争の勝敗を決定的に分けた事例はありません。

戦後・被害

戦争が終わり、人々が再び暮らす為に故郷に戻っても、そこは危険地帯と化しています。
地雷は爆発のその時まで、ずっと眠っています。
そして、眠りから目覚めれば、兵士、一般人、大人、子供、無差別に攻撃します。
設置場所に決まりは無く、家のそば、道、水沿い、草むら、様々な所に埋められています。教会や病院さえ含まれます。
道を歩いてる時や手伝いで水を汲みに行く時。家から出て、ほんの3mくらいの所で被害に遭う人も少なくはありません。
農業を行えず、農産物輸出国が、輸入国になり、それでも食料が足りず、飢餓が増えるばかりです。
家畜を安全に放牧出来ず、殺さざるを得なくなります。
新しい市場を開くにも、工場を作るにも、処理しない限りそれは叶いません。
戦争によって経済的にも貧しい国は、再建する事が出来ません。
他国に支援を求めるしか無く、発展して行くにも、国としての発言権は低いままです。
農民は農地を耕せず、食べていけません。働きに出るにも、外は地雷が埋まっています。
そう言う国では、生きるために人身売買が多く行われます。結果、HIV(エイズ感染)になる少年少女が、非常に多いのです。

治療・手術・状態

初期治療は怪我をしてから36時間以内といわれています。
兵士であれば、ヘリコプターで迅速に運ばれますが、文民は荷車に怪我人を乗せて行くしかありません。
結果、実際にはとても時間が掛かります。
それでも36時間以内の理由は、それ程酷い有様だからです。骨は砕け、肉はカリフラワー状になります。
そして、切断手術は感染症を引き起こさない為にも、ダメージを受けていない部分ギリギリまで切断する必要があり、処置が遅れると言う事は、残るハズだった負傷してない部分も切断する事に繋がります。どこまで手や足を残せるかで、その被害者の人生は大きく変わります。
膝が残っていれば、義足を付け、訓練によって歩く事などが可能ですが、膝が無ければ、歩く事は難しいのです。
肘があれば、義手を付け、字を書く事などが可能ですが、肘が無ければ、物を持つ事も難しいのです。
ですが、無事手術を終えるにも、麻酔や痛み止めが不足しているため、治療後は痛みと戦う事になります。
しかし、手術を受ける事が出来る人はまだ幸福な方かもしれません。被害者の半数は、満足に治療を受ける事も出来ずに亡くなっています。

義足・義肘

被害者は一生リハビリとなり、問題は義足や義肘自体にもあります。
大人の場合、3年〜5年に取替え、子供の場合、6ヶ月で義足や義肘の取替えを行います。
10歳の子が被害と考えても、一生のうち25回も取り替える事になります。
義足や義肘は1つ125ドル(約1万6千円)。一生で約40万くらいかかります。
平均収入が一ヶ月15〜20ドル(約1950円〜約2600)の国ではとても無理です。
カンボジアやアフガニスタンでは、義足どころか入院費さえ払えず、借金をせざるを得ない方が大勢います。

手足を失うと言う事

小さい子供さえ、一家を支える労働力として期待してる貧しい国では、手足を失うのはお金の問題だけでは無く、労働力にならない者は「足手まとい」とされ、例え被害に遭って生き残っても、死ぬまで生き地獄となります。

オタワ条約

地雷製作禁止条約。
地雷を作ってはいけない。埋められた対人地雷、持ってる対人地雷を4年以内に取り除き、破棄しなければいけない。
日本を入れて、約150カ国が条約を結んでいる。日本は45番目に「批准国」となった。
日本政府は1999年に条約発効を機に、これまで以上に対人地雷一掃の為に、予算措置を含め、先進的な役割を果たすと表明。
所有していた約100万個の地雷を、2002年3月、最後の爆破処理を終了し、訓練用に6000個を残し、全て廃止した。
※遠隔操作のみで爆破が可能な指向性散弾は、条約に禁止される対人地雷には含まれていない。

現状

日本は批准国となり、地雷の生産などはもう行っていません。
多くの国も、オタワ条約によって行わないようになっています。
ですが、主な地雷輸出国は、未だ条約に参加していません。アメリカやロシア、中国など。
そして新たに作らずとも、既にかなり大量の地雷が、未だ眠っています。
例え国々で条約が守られ、生産されなくなっても、今のままでは数百年・・・いえ、数千年以上の時間が必要です。
そして、今は条約に加わったとはいえ、日本も地雷を作り、使ってきました。
日本人も、この問題に無関係ではありません。
※日本は地雷を製作したが、輸出はしていません。ですが、日本の技術も少なからず影響しています。
そして日本人も、戦争とは言え、何人もの人々を地雷で傷つけました。

出来る事

この「悪魔の兵器」に対して、日本人にも出来る事があります。寄付する事です。
現在、カンボジアなどでは地雷被害者の為の施設などが設けられています。
その施設に居る人達は、義手や義足を無料で頂けたり、治療費や交通費も負担する事無く、安心して治療に励む事が出来る施設です。
無論、日本の募金もこう言う事に役立てられてます。
また、募金する事によって、地雷を撤去する費用にする事が出来ます。
地雷の撤去には、作業員の方も被害に遭います。ですが、それでも撤去しなければいけません。それが現状です。
せめて、戦争を終えた地は、安全な道を作りたい。外へ出て、走り回らせてあげたい。
外へ出たら、娘や息子、あるいは父や母、友人が、血塗れで倒れている姿など、見せたくはありません。

ある、カンボジアで地雷の被害にあった少年が言った話しがあります。
「友人は、僕を病院へ運ぼうとした。でも、僕は重すぎた。
   彼は何度も謝りながら、僕の足を斧で断ち切った」
悲しい事ですが、正しい判断です。
感染症を防ぐ為には、例え最愛の子であろうと、信頼ある親友であろうと、そばに居る人がそうしなければ、例え病院についても手遅れになります。
現在では、それが現状です。

協力出来るシステム

■クリック募金−こちらに金銭的負担が無く、ネットから寄付できるシステムです。
   協力したい、でもお金が無いと言う人は、せめて1日1回お願いします。
クリック募金 このサイトの“携帯版”の方に、地雷撤去などのクリック募金があります。

■寄付−自ら金銭を負担し、振込み募金するシステム。
地雷撤去キャンペーン 100円1枚で1平方メートルの地雷原(地雷が埋まっている場所)をきれいにすることができます。
地雷廃絶キャンペーン 1000円で地雷回避教育の絵本50冊を、子どもたちに配布できます。被害に遭う前に回避させる本です。子供の多くは、地雷を玩具と勘違いして持ち上げてしまう事も多いからです。

■購入−購入すると、その収益や純益が支援などに使われる商品があります。
ウォン・ウィンツァン地雷犠牲者救援キャンペーン 地雷に関する歌。視聴はココから聴けます。

参考サイト・参考本

これ等の参考にしたサイト、本。

地雷撤去キャンペーン / 天使になりたい / 地雷廃絶キャンペーン
inserted by FC2 system